高砂青年会議所 各委員会運営方針

組織図

拡大特命室

世界中でコロナウイルスが猛威を振るい、早2年が経とうとしています。生活様式は新しいものへと書き換えられ、急速に進むネット技術の発展により、バーチャルや画面越しなど、コミュニケーションの方法も多様化しております。そのような中で、人と人の関係希薄化が進み、問題視されております。しかしこれは、既成概念にとらわれない新たな価値観や活動の在り方を考えるチャンスともいえるのではないかと考えます。
いつの時代も変革を起こすリーダーは我々青年であり、我々世代が当事者意識をもって時代の波に乗り、力を合わせ、地域を巻き込み、同志を拡大し、地域そして自分自身を変えていかなければなりません。至上命令である同志拡大を実現するうえで、魅力あふれる組織、誰もが入りたい組織を目指していくことが不可欠であり、その鍵を握るのがメンバーのモチベーションであると思います。
モチベーションとは「何か目標とするものがあり、それに向けて行動を立ち上げ、方向づけて、支える力である」と思います。それらを高い状態で保つ上で、当事者意識をもって取り組むことはもちろんですが、メンバー各々が目的や目標を見出すことができ、お互いを認め、お互いを高め合い、その中で自己実現できる環境であることが必要であると考えます。
そこで本年度、拡大特命室として今後も継続的に同志の拡大を行える仕組み作りや手法の確立を目指すとともに、我々拡大特命室の思いをメンバー一人ひとりに伝え、同志拡大の目的や必要性を理解していただき、個と組織を連動させることで将来的に組織を挙げて同志拡大に取り組める体制の構築を目指したいと思います。そして、これからも地域に必要とされる団体であり続けること、入りたい組織とは何かということにも目を向け高砂青年会議所としての在り方や向き合い方を見つめ直し、委員会は基より例会や事業などへ率先して出席し正会員としての義務を全うすることによって、成果として多くの経験や学びを得ると共に、多くの仲間との友情や絆を育むことができ喜びとなる。そのような青年会議所活動の様々な魅力をメンバー各々が実感することで全会員が誇りと自信を持つ。そしてそれらをメンバー一人ひとりが輝きとして纏い、組織の魅力として発信され、伝播することこそが真の同志拡大運動へと必ず繋がっていくと確信しております。
さあ今こそ、自らを信じ、共に敬い、共に学び、まちを想う気持ちを育んでいこうではありませんか!

次世代育成委員会

新型コロナウイルス感染により未曾有のパンデミックで世界の政治、経済は混乱し、今までの生活様式は一変しました。コロナの影響は大人だけではなく、青少年にも大きな影響を及ぼしました。
青少年に関してはコロナ禍前よりインターネットを使用する一日の平均時間は年々増加しています。これは学校でもタブレット端末配布やプログラミングの授業、オンライン学習が行われるなど時代に即した教育が加速していることもあります。そういった良さもありますが青少年のインターネットの利用時間が年々増加していることを考えると、学校行事以外での生活体験・自然体験活動の機会が減少しています。こうした経験が豊富である青少年は自己肯定感・道徳観・正義感が高くなる傾向にあると報告されています。
次世代育成委員会は2つのテーマを設定し、一年間活動を行います。
まず1つ目は「体験の機会」です。実際に体験することでより深く心に刻まれます。例えばコミュニケーションも対面となると、オンライン上の文面だけのコミュニケーションにはない相手の表情、感情の機微に触れることで相手を思う気持ちを醸成することができると考えます。実際に事業を体験することで達成、挫折、連帯意識、コミュニケーションの重要性等を認識し、その中で「気づき」「感じ」「考え」「その時を振り返る」ことで成長の一助となると考えます。
2つ目に「社会との繋がり」です。コロナ禍において地域行事が中止となり、青少年は他世代との交流の機会を失いました。この世代間の交流というのは青少年育成という観点だけではなく、地域伝統や文化継承など今まで地域が育んで次世代に繋いできたものにも多大なる影響を与えます。こうした地域行事等は、コロナ禍前では青少年の「社会との繋がり」の機会でしたが、そうした機会を再開させる気運を興すのが我々青年会議所の役目であると考えます。そして、デジタル時代の中でも良識ある行動力で時代を切り開いていく事のできる次世代を担う人財に成長してもらえるように一年間活動してまいります。
そして、我々メンバーは青少年とコミュニケーションをとることで、昔の自分を振り返り、対比させることで青少年に「気づき」を与え、我々も新たな発見をすることで成長することができます。その中で我々青年会議所の想いのバトンを次世代に繋ぐことで明るい豊かな社会の実現に繋がると信じて活動します。

豊かな組織構築委員会

JCで言う豊かさとは、メンバーの、人を愛し、人のために無条件で奉仕ができる幅が増えること、と定義できます。愛を前提として社会活動ができる団体、これはJCの根幹です。2022年度、高砂青年会議所が目指す豊かな組織は、愛を前提とした社会活動を持続可能化できる組織であると考えます。
組織は、人と風土によって構築されます。私たちは、JCの理念に共感し、JC活動の土台に立つために、JCプログラムを活用した会員研修を行うことによって、風土の前提を理解した上で、豊かな風土を作り上げるにふさわしい人材となります。
組織は、制度と方針によって運営されます。私たちは、組織の制度と方針を示し、その熱量を込めるため、総合資料等各種資料を作成し、対内に示すことによって、同じ志をもって活動することを可能とします。
組織は、対外に認識されることによって協働を可能とします。私たちは、高砂青年会議所の豊かな風土を示し、共感の輪を広げるために、対外的に発信することによって、豊かな仲間と協働します。
組織は、持続可能であるべきです。私たちは、高砂青年会議所の持続可能性を高めるために、SDGsに取り組むことによって、愛を前提とした社会活動を持続可能化できる組織を目指します。
豊かな組織とは、豊かな人材で構成される組織であると考えます。私たちはJC活動を通して、人と出会い、学び、成長することによって、豊かさを増し、愛を育み、人のために無条件に奉仕ができる人材を目指します。

髙砂共創委員会

『共創(Co-creation)』という言葉は、マーケティング用語として誕生したもので、「多様な立場の人たちが、利害関係のあるステークホルダーと対話をしながら新しい価値を共に創ること」と定義されています。もっとも、共創はビジネス分野だけではなく、官民共創という言葉も生み出されたように、自治体と企業間でも行われるようになりました。
ところで、昨今の世界情勢に目を向けてみると、2020年から新型コロナウイルスが全世界に蔓延し、人々の密な交流や青年会議所活動が縮小せざるを得ない状況となっています。しかし、このような先行きの見えない時代にこそ、青年会議所が先陣を切って、希望をもたらす変革の起点として、活動・運動をしていくことが期待されているといえます。その活動・運動に際しては、地域の人々の声に耳を傾け、地域の課題を発見して解決し、地域の魅力を今以上に活かすことが必要になります。このことに関連して、兵庫県下の市町村を対象に市民に意見を集計し、街の幸福度等をランキングにした大東建託の2021年度の調査では、高砂市は28市町中26位という下位の結果となっていました。幸福度は、人生を充実させるものであるとともに、幸福感の高い人々が住む街は魅力的に感じます。当委員会では、このランキングの結果だけではなく理由にも焦点を当て、改善を図るべく高砂市に存在する魅力や質的価値を増大させて、住んで幸福な街・住み続けたい街と思われるような活動をしていきたいと考えています。
このような活動は我々高砂青年会議所だけではなく、様々な団体や組織等と交流・協働し協力して行っていくことができるものであり、かつ、そうすべきものです。近年はAIが急速に発達し、先例のある問題であればAIが容易に解決策を導き出すことができます。しかし、現代社会で我々に真に求められているものは、先例のない未知の問題に直面したときに、その問題の枢要部分の発見と、適切な解決を図るための新たな方法の創出であるといえます。このコロナ禍に、高砂において何がまちづくり分野での枢要部分の問題なのかを、市民の声に耳を傾けて発見し、その問題に対する解決策の模索を、他の組織との交流の中から多くの知識や経験を学び、創出する活動に取り組んでいきます。

  • 高砂JCとは
  • 事業活動報告を見る
  • 高砂JCへの入会について

Go Top