一般社団法人 高砂青年会議所とは

概要

高砂青年会議所は、1960年1月15日、加古川青年会議所をスポンサーJCとして、日本で187番目、県下では8番目の青年会議所(LOM)として、小南健吉初代理事長以下、志を同じくする46名の青年が集い誕生しました。 
1980年、社団法人格を取得し、社団法人高砂青年会議所として活動してまいりました。
そして、2012年12月12日、公益法人制度改革により、一般社団法人格に変更となり現在に至っております。

設立趣旨

個々の青年の力を集め、我々の市に刷新の気を盛り立て、よりよき市民生活の一助となることを念願とする我々が、その事業活動を通じて、会員相 互の親睦と、切磋琢磨を計り、広く世界各国青年との友情を深められるものと確信し、此処に近隣青年会議所の友情に助けられ、若き意気と熱をもて、高砂青年 会議所を設立せんとするものであります。
 
いつまでも此の所期の心構えを忘れず、大きく芽を伸ばすと共に更に深く根が下されんことを望んで止みません。
昭和34年12月10日 高砂青年会議所設立発起人代表 小南 健吉

理事長所信

  昨年、一般社団法人高砂青年会議所は創立60周年という節目を迎えました。高砂青年会議所は長い年月を重ね、偉大なる先輩方の高い志と弛まぬ努力が大きな力と行動を生み出し、それぞれの時代における課題を解決する活動を展開する事により、変革を遂げてきました。そして、高砂青年会議所はいつも自分のためだけでなく、地域社会のため、市民のため、何よりも共に活動する仲間の心を大切にしてこれまで歩んできました。
  私はこの高砂青年会議所に2014年に入会させていただき、これまで様々な役職を経て機会や経験をさせていただき多くの仲間と出逢い、多くの時間の中でたくさんの絆を深めていくことが出来ました。
40歳までという限られた時間の中での青年会議所活動を通して、私が経験させて頂いた事をもとに、「明るい豊かな地域社会の実現」に向けて、率先垂範し仲間と走り抜けたいと思っています。
  しかしながら、昨今の社会情勢は新型コロナウイルスの感染拡大により大きく変化し、我々の青年会議所活動も制限せざるを得ない状況となっています。そこで、今こそ新たな存在価値を見いだし高砂青年会議所の魅力を発信し、未来永劫続いていく団体としての礎を築かなければならないのです。
>>理事長所信の詳細を見る

委員会

高砂青年会議所では、総務渉外委員会・会員強靭委員会・高砂創造委員会など活動内容に応じそれぞれ委員会を運営しております。
各委員会の運営方針をご参照ください。>>運営方針の詳細を見る

メンバー紹介

2021年度役員及び会員紹介

理事長 和田 泰樹 株式会社銀水>>サイトへ
直前理事長 橋本 教弘 アクアテック有限会社
副理事長 塩﨑 篤史 塩﨑法律事務所
福島 英史 ソニー生命保険 株式会社
山下 将輝 ソニー生命保険 株式会社
専務理事 濵田 耕資 株式会社浜田工務店>>サイトへ
監事 川本 晃功 有限会社北浜電設
橋本 教弘 アクアテック有限会社

■ 総務渉外委員会

委員長 大石 健太 エコートレーディング株式会社
副委員長 西田 公亮 宗教法人 浄土宗 十輪寺
委員 島津 明香 高砂市議会
道林 香絵 高砂市役所

■ 会員強靭委員会

委員長 北原 大輔 宗教法人  浄土宗  地蔵院
副委員長 上田 晋 有限会社ウエダ
委員 音瀨 陽一 音瀬技研農業

■ 高砂創造委員会

委員長 岩見 裕介 株式会社ライフサポーター
副委員長 橋本 頼尚 よつ葉鍼灸整骨院>>サイトへ
委員 櫻井 建吾 有限会社山陽造園土木
大杉 俊介 高砂市役所
小林 雅弥 EST
  • 理事長から、皆さまへ
  • 事業活動報告を見る
  • 高砂JCへの入会について

Go Top