一般社団法人 高砂青年会議所とは

概要

高砂青年会議所は、1960年1月15日、加古川青年会議所をスポンサーJCとして、日本で187番目、県下では8番目の青年会議所(LOM)として、小南健吉初代理事長以下、志を同じくする46名の青年が集い誕生しました。
 
1980年、社団法人格を取得し、社団法人高砂青年会議所として活動してまいりました。
そして、2012年12月12日、公益法人制度改革により、一般社団法人格に変更となり現在に至っております。

設立趣旨

個々の青年の力を集め、我々の市に刷新の気を盛り立て、よりよき市民生活の一助となることを念願とする我々が、その事業活動を通じて、会員相 互の親睦と、切磋琢磨を計り、広く世界各国青年との友情を深められるものと確信し、此処に近隣青年会議所の友情に助けられ、若き意気と熱をもて、高砂青年 会議所を設立せんとするものであります。
昭和34年12月10日 高砂青年会議所設立発起人代表 小南 健吉

理事長所信

私はこの高砂で生まれ高砂で育ち、当たり前のように漠然と過ごしてきました。幼い頃から過ごしたこの地で、様々な人々との出会い、イベントや祭りなどの様々な行事に参加してきました。
私はいろんな思い出の詰まったこの高砂が好きです。
しかし、この出会いやイベントは当たり前にあるわけではなく、誰かの意志で動き、行われていることに気づいたのは最近のような気がします。地域の未来を考え、行動し、豊かなまちづくりを行っている人たちがいる。その人たちのおかげで誇れるまちがある。高砂青年会議所はそれができるところです。当たり前のように用意されていた事を、それを未来のために私達が行動を興してつないでいかなければなりません。私はここで先頭を切ってメンバーとともに楽しみながら成長し、明るい豊かな社会を目指して活動していきます。青年会議所は、「奉仕」の精神のもとに、地域を明るく豊かな社会へと導くための運動を起こし、「修練」を与えられたこの団体で自立の精神を養い、そこに集うもの、あるいはそこにかかわる人達との「友情」を育むことができます。
青年会議所は、この三信条のもと、志を同じくするもの相集い力を合わせ、英知と勇気と情熱をもって明るい豊かな社会を築き上げようと日々活動しています。
しかし、時代の流れとともに、その精神をメンバーと共有できているのか、我々はその考え、精神と今一度向き合い、行っている運動に誇りを持ち、地域活性を行う団体として先頭を切って行動を興していかなければなりません。現状に満足し、同じことを繰り返すだけでは成長はありません。
成長を止めないためにも挑戦し続けていくことが重要です。共に悩み、共に努力し、共に笑う、我々は今、進化のときです。
現状を受け入れ、逃げずに前を向く、後悔というつまらない思いをするのなら、そこにあるものを全力でやり抜く、この学び舎である青年会議所に用意されている機会は無限にあると信じて。
>>理事長所信の詳細を見る

委員会

高砂青年会議所では、総務広報委員会・組織活性委員会・青少年育成委員会・60周年実行委員会など活動内容に応じそれぞれ委員会を運営しております。
各委員会の運営方針をご参照ください。>>運営方針の詳細を見る

メンバー紹介

2020年度役員及び会員紹介

理事長 橋本 教弘 アクアテック有限会社
直前理事長 川本 晃功 有限会社北浜電設
副理事長 三枝 慶之 三枝水設
島津 明香 高砂市議会
塩﨑 篤史 塩﨑法律事務所
専務理事 福島 英史 ソニー生命保険 株式会社
監事 川本 晃功 有限会社北浜電設
加古 久詞 K-TEK

■ 総務広報委員会

委員長 橋本 頼尚 よつ葉鍼灸整骨院>>サイトへ
副委員長 濵田 耕資 株式会社浜田工務店>>サイトへ
委員 上田 晋 有限会社ウエダ

■ 組織活性委員会

委員長 山下 将輝 ソニー生命保険 株式会社
副委員長 大石 健太 エコートレーディング株式会社
委員 前田 佳祐 株式会社ハリマソーラ販売
西田 公亮 宗教法人 浄土宗 十輪寺

■ 青少年育成委員会

委員長 音瀨 陽一 音瀬技研農業
副委員長 石橋 寛也 合同会社 Bridge
委員 今里 圭一 キッコーマン株式会社
岩見 裕介 株式会社ライフサポーター
櫻井 建吾 有限会社山陽造園土木

■ 60周年実行委員会

委員長 和田 泰樹 株式会社銀水>>サイトへ
運営理事 北原 大輔 宗教法人  浄土宗  地蔵院
副委員長 島津 明香 高砂市議会
  • 理事長から、皆さまへ
  • 事業活動報告を見る
  • 高砂JCへの入会について

Go Top