高砂青年会議所 各委員会運営方針

組織図

組織図

  • 総務渉外委員会
  • まちづくり委員会
  • 青少年育成委員会
  • 会員拡大室

総務渉外委員会

 青年会議所はメンバーの卒業、新たなメンバーの入会を繰り返しながら継続していく組織です。今年度の高砂青年会議所総務渉外委員会では、入会や卒業を繰り返しながらも、それぞれのメンバーが地域やその未来に対する想いをもって活動できる環境を整えるべく、活動していきます。
メンバーが想いをもって活動するためには、まず青年会議所活動を知ることが必要です。総合資料や会員名簿を作成するとともに、活動記録を整えることにより、メンバーそれぞれが組織や自らの役割のことを十分に知ることができる環境をつくります。
次に、メンバーそれぞれの想いを醸成するためには、メンバーそれぞれの資質を向上させる環境づくりが必要です。褒賞管理を通じて、メンバーのモチベーションをさらに向上させることによって資質を高め、JC活動に意欲的に取り組んでもらう環境を維持します。
また、メンバーが想いをもって活動している組織の存在感を地域に対して示すことも必要です。ホームページの管理や対外PRを通じて、地域に根ざすとともに地域に対する高砂青年会議所の存在感を高めます。
最後に、組織には継続力が必要です。高砂青年会議所は58年間の継続性をもつ団体ではあるものの、社会は常に移り変わるため、その都度見直す必要があります。高砂青年会議所の定款及び諸規定を確認し、現状と照らし合わせ、必要に応じて見直すことによって、より持続可能な組織を目指します。また、ニコニコ箱を適切に運用することにより、有事に備えます。
メンバーそれぞれが明るい豊かな社会をつくるために活動し続けることは、高砂のまちを明るく照らすことにつながります。58年間続く高砂青年会議所の組織を維持し、安定して次代へ繋ぐため、活動を続けていきます。

まちづくり委員会

 高砂青年会議所は明るい豊かなまちづくりを目的の一つとし日々活動しております。この活動が地域活性化の一助になると考えます。しかしながら、地域活性化は一朝一夕で成し遂げられるものではありません。その中には継続して行われるからこそ、我々と地域の人々との『想い』を共有することで、明るい希望ある未来をともに思い描くことができると考えます。 本年度、まちづくり委員会は、地域の人々と明るい希望ある未来を思い描くことができる運動を全力で取り組んで行きます。
第一に、継続事業である献血は、社会貢献事業でもあります。我々は、地域の人々にこの運動を知っていただくとともに共感をいただき、必要とされる組織・協力いただける関係構築を目指します。
第二に、高砂青年会議所の職務として、ナイトファンタジーイリュージョン実行委員会への出向があります。実行委員会創設にあたっては、当青年会議所の先輩方のご尽力もあり、高砂を代表する魅力的な継続事業にまで発展することができました。このような魅力的な事業が、地域の人々を繋ぎ、明るい希望へと想いを馳せ、強いては地域活性化への役割を担っているものだと考えます。他にも高砂市には魅力的な事業がいくつもあります。そこで、まちづくり委員会では、まちづくりを担う組織として、そのような事業に率先して携わっていきます。そのことにより地域、行政、他団体と『想い』を共有し、連携を図り、交流を深め、互いに汗をかき切磋琢磨することで、メンバー各々の姿勢が、高砂青年会議所の姿として映り、必要とされる人材・組織へと成長させて行きます。
第三に、まちにおける課題として、地域コミュニケーションの希薄化があります。地域の人々が直接触れ合う機会が減少することによって、地域住民としての当事者意識の欠如を招き、地域に未来を託す『想い』、自ら率先して明るい未来創造へ向けた邁進する力、やり抜く力が欠如していくと考えられます。この課題について、高砂青年会議所メンバーも地域住民の一人として、地域の人々とともに、向き合い『想い』を共有し、学び、考え、行動することで、明るい豊かなまちづくりの担い手として、ともに成長していきたいと考えます。
第四に、高砂青年会議所は現在少人数で運営しており、継続して明るい豊かなまちづくり活動を行うにも会員の拡大が必要不可欠です。我々が積極的に行動し、魅力を伝え一人でも多くの仲間を募っていきます。
最後に、我々高砂青年会議所メンバーは、この活動、運動を通じて地域と人の結びつきをより強固なものにし、未来へと繋ぐ、希望ある明るい豊かなまちづくりの実現を目指します。

青少年育成委員会

 現在の日本は人口減少・少子高齢化の問題に直面しています。わが町高砂も例外ではなく、国勢調査における高砂市の人口は1995年の9万7632人をピークに減少が続いています。高砂市の人口減少の原因は、若年者や女性の転出者が転入者の数を上回っていることと、出生者数の減少が理由と考えられています。
地域コミュニティが発展するには、その地域のことを想う熱い心を持つ人の存在が不可欠であり、そのような人が所属する多種多様な団体が相互に交流し協働することが地域コミュニティのさらなる強化につながります。しかし、そもそも当該地域コミュニティにおいて、少子化や市民の市外への転出により人口が減少していては、地域のことを想う人材が不足することになりかねません。
青少年育成委員会では、上記の問題意識を念頭に置き、高砂で生まれ育った青少年に、高砂出身であることを誇りに思い、高砂に帰属意識を持つことで将来の高砂市を担う青少年の育成に資する事業に取り組みます。そのためには、高砂青年会議所と高砂市内の青少年育成を目的とする団体との協働が必要となります。この協働により、高砂市というコミュニティの強化を図り、高砂市のことを想う青少年の育成に取り組みたいと思います。そして、青少年が将来も高砂市に居住することで、高砂市の人口減少を抑止し、また資質の高い人材の確保に繋げていきます。
未来を想い、高砂を想う青少年を育むには、そのような想いを抱くことができる心の醸成が必要です。そのためには、幼いころから人との触れ合いを大切にし、互いを尊重し認め合う心を持つことが特に重要になってきます。近年はインターネットの急速な発展により、コンピュータ上の仮想世界でも他者と交流を持つことが容易にできます。しかし、心の成長には人と人とが直接向き合うことが必要です。心身ともに成長期にある青少年は、同年代の人と現実に接することで友情や絆を育むことができます。青少年育成委員会は、青少年の心の成長のために、継続事業であるわんぱく相撲を本年も実施することを考えています。日本の国技である相撲は心身の成長につながるものであります。また、相撲は引き分けがなく必ず勝敗が決するものではありますが、勝敗の先には仲間や相手との友情や絆の醸成も期待できます。わんぱく相撲の事業では、相撲の勝敗の結果よりも友づくり・友情を育むことを期待して事業に取り組んでいきます。

会員拡大室

 本年度、会員拡大室では目標人数10名の新会員獲得に全力で取り組んで参ります。
高砂青年会議所が継続して地域社会の発展と明るい豊かな社会を築く為に活動して行くには、より効果的且つ力強い運動を行い、市民に理念や方針が伝播されることで、一人でも多く会員を拡大し、入会した会員が成長して積極的に活動すること、会員相互が切磋琢磨して成長し、信頼関係を構築してLOM全体が成長することが必要です。 会員拡大の為に、先ずは会員拡大室が今一度青年会議所運動について学び、考え、率先して新入会員候補者に想いを伝え共感を得ていきます。
また、LOM全体の拡大への意識を高めて多くの候補者情報を集め、拡大活動に繋げ状況を発信して更なる意識向上を図り、大きな成果に結びつけます。更に、会員拡大室を筆頭に全メンバーを引っ張って行き目標を達成します。
一人でも多くの仲間を集う為に、今の我々に出来る最も的確な手法を新たに模索し実践します。それと同時に、自らの声でJCの魅力を語り、JAYCEEとして自分に自信を持って自らの魅力を語れることが、メンバーを増やす第一歩になると考え、会員拡大を行います。

  • 高砂青年会議所とは
  • 事業活動報告を見る
  • 高砂JCへの入会について