高砂青年会議所 理事長所信

高砂青年会議所 2018年度 スローガン

想 ~ 素晴らしい未来を目指して ~

基本理念

地域を想い、未来を想う
向上心を持って行動し、より地域に必要とされる組織となる

基本方針

一、ともに歩むまちづくり
一、未来を担う青少年育成
一、会員拡大と行政・他団体との相互交流
一、次代へ繋ぐ組織の構築

一般社団法人高砂青年会議所 第59代理事長 上田 真輔

  • はじめに
  • 帰属意識高まるまちづくり
  • 未来を担う青少年育成
  • 会員拡大と行政・他団体との相互交流
  • 次代へ繋ぐ組織の構築
  • むすびに

はじめに

 高砂青年会議所設立よりの諸先輩方の弛まぬご尽力とご厚情に、深く敬意を表するとともに心より御礼申し上げます。
私が2014年に高砂青年会議所にご縁をいただいてから、はや4年になります。見るもの聞くもの全てが真新しく刺激的で、ひとづくり、まちづくりにかけるメンバーの情熱、仲間づくりにかける高い意識、組織づくりにかける熱い想いに心から感銘を受け、徐々にその活動に熱中していきました。諸先輩方からの激励やメンバーからの協力を得ながら、日々充実した活動を行う中で、偉大な諸先輩方のように、自ら地域の問題を考え率先して行動しこの地域に貢献できるようになりたい、ならなければという想いを持つようになりました。私なりに青年会議所とは、活動を展開していく中で多くの気付きや反省の機会があり、喜びや達成感とともに生まれる友情や感謝の気持ちを育み、人と人とが磨きあい成長していくことで、一人ひとりがこの地域の未来を「想い」「育み」「繋ぐ」団体なのだと実感するようになりました。
重責ではございますが、青年会議所が目指す「明るい豊かな社会」の実現に向けて全力を尽くす覚悟でございます。

帰属意識高まるまちづくり

 私が生まれ育ったこのまちは、立地条件の優位性によって古くから工業開発が行われ、播磨臨海工業地帯の中核都市として発展してきました。また、秋季例大祭や歴史的文化に基づいた数多くの行事がまちを彩っています。それらに心躍らせた幼い頃の思い出は、今でも私の胸に強く残っています。
しかし、私たちのまちは、元気を失いかけていると感じます。その主たる要因は、私たちにあるのではないでしょうか。未来に想いを馳せ、その馳せた想いの実現に邁進し続けることが若者の特権であり、また責務だからです。まちに元気が失われつつある現状は、姿見に映し出された私たちの「未来や地域への想い」「想いの実現へ邁進する力」の欠如であるとも考えます。そこで、「青年会議所の原点」に立ち返り、私たち自らが未来に責任を持って行動し、地域活性化の担い手となるような意識変革に重きを置きます。

未来を担う青少年育成

 誰しも一人では生きていけないのにもかかわらず、人と人とのふれあいや繋がりが希薄化しています。この問題と向き合うとき、地域コミュニティの強化が必要であることは言うまでもありません。高砂青年会議所は、高砂市という「コミュニティ」の強化を図りたいと考えます。高砂市全域の、青少年育成を目的とする団体と協働し、高砂市という地域で青少年を育む取り組みを進めたいと考えます。
また、互いを尊重し認め合う心を持つことが特に重要であると考えます。しかし、いつしか時代は、「勝ち組・負け組」という言葉が流行ったように、社会的地位・経済力が物差しとして重視され、個人がこれを追求する傾向が強くなったことから「ともに豊かな社会をつくる」という気持ちが薄れ、勝った者と、負けた者との隔絶をもたらしました。互いを尊重し認め合う心を再度醸成し、友情や絆の大切さを伝え、またその心を次の世代に繋いでいくことを目指したいと思います。

会員拡大と行政・他団体との相互交流

 高砂青年会議所も一時は会員数70名を超える団体でした。しかしながら、現在は20名という状況です。ここ数年、入会3年以内で多くのメンバーが卒業をしています。これは、会員拡大とは真逆であり、存続の危機です。そこで、本年度は拡大目標を高く掲げ、会員拡大活動を行います。メンバー全員が積極的に会員拡大活動を実施できる環境を整え、委員長とともに私自身も総力を挙げて活動を行います。
また、地域で活動を行う際には、行政をはじめ、様々な地域活動を行っている多くの他団体との相互交流も、欠かすことの出来ない重要事項となります。全ての団体が、郷土高砂のことを想い、考え、更なるまちの発展と魅力づくりに貢献しています。そういった団体との交流・協力を行うことにより今まで見えることのなかった視点が開かれ、新たな気づきを得ることも可能となります。

次代へ繋ぐ組織の構築

 本年度の新しいメンバーの入会を心から歓迎します。高砂青年会議所という団体に入会することにより、他では決して得ることのできない、かけがえのない素晴らしい学びをともに実践していただきたいと思います。年齢、性別、職種等の違う経営者や個人の仲間と同じ時間を過ごし、同じ活動をすることは、とても貴重な体験となるに違いありません。ときには、自分とは違う考えを持った仲間との熱い議論もあるかと思います。その議論を生かし明るい豊かなまちづくりに繋げていきたいと考えます。私たちメンバーには、それらの素晴らしい学びを得る機会を与えられています。組織構築はひとりでは出来ません。メンバー全員が「想」をひとつにし、仲間を信じ有意義な経験を重ねて、ともに成長していきましょう。

むすびに

 高砂青年会議所には、人とのつながりを深めることができる、社会とのつながりを深めることができる素晴らしい環境があります。私たちが目指す明るい豊かな社会の実現のためには、メンバーの一人ひとりがこの地域の人と人を結び、社会の懸け橋となる役割を担っています。
高砂青年会議所は、人と人をつなぎ、社会と地域をつないでいきます。私たちは、これからの活動に邁進するとともに、素晴らしい未来を目指して、人が社会を想い、響き合う誇りあるこの郷土を実現いたします。

  • 理事長から、皆さまへ
  • 事業活動報告を見る
  • 高砂JCへの入会について