事業活動報告

7月例会

7月20日、7月例会「地域コミュニティの構築から学ぶリーダーとしての在り方」を開催しました。

きっず・きっちんネットワーク代表の竹内茂雄様を講師にお迎えし、主に高砂市内における子ども食堂を立ち上げたご経験から、地域コミュニティを構築するコツについて学びました。

冒頭の理事長挨拶では、先の大阪北部地震や西日本豪雨などの災害についてお見舞いの言葉とともに、高砂JCとしてもできることをしていこうという言葉がありました。

 

 

講師の竹内様は、学童保育の運営など子どもたちとふれあう事業を通して子どもたちの抱える課題や子ども食堂の必要性を感じられ、地域の仲間を集めて子ども食堂を運営されています。

課題や問題発見から事業構築までの考え、事業を行うにあたり仲間とどのように活動すると良いのか、お話から多くの学びがありました。

 

 

3分間スピーチでは、塩﨑篤史君、山中大輔君が「私と地域の繋がりについて」についてスピーチしました。