高砂青年会議所 各委員会運営方針

組織図

組織図

  • まちづくり委員会
  • 青少年育成委員会
  • 総務渉外委員会

まちづくり委員会

まちづくり委員会
委員長  島津 明香
 メンバー一人ひとりがまちに対する帰属意識を持ち、当事者意識を持って課題に向き合い、まちに変革を起こすべく、まちづくり運動に取り組むこととします。
 私たち高砂青年会議所は明るい豊かなまちづくりを目指し活動しているものの、まちの課題について具体的に共有できておらず、メンバー個々の問題意識は様々です。メンバー一人ひとりが同じ課題の解決に向け、これまでの歴史や外の世界を知った上で、仲間を募り、新たな価値の創造に取り組むことによって、よりまちづくりを深化させることができると考えます。
まちづくりは第一に現状を知ることが必要です。そのため、まちの課題を理解し、高砂青年会議所として課題を共有するとともに、メンバーが団結して課題に取り組むことができる運動を行います。課題の共有によって私たちはまちをより深く知ることができます。その課題に対して青年の力によって解決に取り組むことにより、新たな可能性を切り拓き、まちに対する新たな価値を創造します。
 第二に、まちを知るためには歴史を知ることが不可欠です。これまで同じ理念をもってまちづくりに携わってこられた特別会員及びシニアクラブの先輩方と青年会議所活動を通じてふれあうことにより、過去を知り、私たちによって未来へとつなぐ運動を展開します。
 第三に、自分のまちを知り、当事者意識を持って取り組むためには、ほかのまちを知ることが必要です。ほかを知り、自分のまちを見つめ直すことによって、これまで気づかなかった資源や価値に気づきます。そこで、地区大会やブロック大会で他のまちを見ることにより、まちに対する新たな価値の創造の一助とします。
 第四に、まちづくりには仲間が必要です。献血活動の場を、私たちの活動を理解してもらえる場とすることによって、青年会議所内外から、高砂青年会議所を理解し、協力してくれる仲間をつくります。
 まちづくりは一朝一夕で行えるものではありません。しかしながら、私たち青年がまちと真剣に向き合い、課題に取り組むことにより、必ずや変革の一角が現れることを信じ、運動を進めていきます。

青少年育成委員会

青少年育成委員会
委員長 大石 健太
 我がまち高砂は、秋祭りが盛んで伝統を重んじた様々な行事や活動があり、世代を超えて交流する場が今尚残っております。しかしながら、近年の核家族化、少子化、情報化社会の波を受けて、交流の場も薄れつつあります。愛する我がまち高砂のまちづくりを行う我々は、地域の先頭に立って活動する組織であり続ける為に、未来を担う青少年に人とまちに関心を持たせ、ふるさとを誇りに思う確かな郷土愛を醸成する必要があります。
 青少年育成委員会としましては、次代を担う子どもたちにこの多彩な地域特性、個性ある歴史や文化を認識してもらい、青少年育成事業を通じて郷土を愛する精神を育んでもらいたいと思います。また、メンバー各個人も我がまち高砂の魅力を再認識し、そのまちを変革・発展させていくのは自らであるという強い意志をもって、「他を慮る利他の精神」で未来を担う子どもたちを思い活動することが自身の成長にもつながり、行く末には我がまち高砂の発展につながる運動になると考えます。
 新入会員に対する研修業務では新入会員自らが企画・運営することで、青年会議所メンバーとして活動することの素晴らしさ・おもしろさ・チームワークの大切さを実感してもらい、主体的に率先して行動する精神を育んでもらいたいと思います。また、新入会員に活動の魅力・素晴らしさを伝える上でも既存のメンバーがJCの基本や在り方を熟知しておかなければなりません。過去の例会や事業について今一度振り返り、深く掘り下げ検証した上で、今の高砂青年会議所に求められていることを改めて探求していきたいと思います。
JCで培った経験は必ず私たちを成長させてくれます。しかしその経験は与えられるものではなく自ら掴みにいかなければなりません。意識が変われば行動が変わり、一歩踏み出したその先に成長があります。その活動の魅力を語り伝え、ともに切磋琢磨して魅力溢れる高砂を創造する同志を募り、会員拡大に繋げて参ります。
 今こそ、メンバー自らが変わり、共感の輪を広げ、次代の担い手を育み、未来へ繋いでいこうではありませんか。

総務渉外委員会

総務渉外委員会
委員長  和田 泰樹
 高砂青年会議所が誕生して56年を経過する中、多くの先輩諸兄がこの青年会議所で三信条を基に数々の実績を残されてきた歴史に感謝し、高砂青年会議所メンバーが集中してJC運動と活動ができる環境づくりをします。
 まず総会の意義をメンバーに伝え、不備なく厳粛におこないます。次にメンバーがより集中して活動するために、常に活動の参考となるJCマニュアルや連絡のために必要な会員名簿の整備を進めます。そしてより強い力を発揮できる組織づくりの支えをします。
 最後に広報活動ですが、高砂青年会議所の様々な運動がよりひろく認知されるように、ホームページやSNSなどの利用を有効的なものにし、JC運動の告知や内容を発信し続けていきます。そうすることで、私たちの運動、そして活動への理解や協力に繋がります。
 総務渉外委員会はメンバーの資質向上と魅力溢れる組織の構築を目指し取り組んで行きます。

  • 高砂青年会議所とは
  • 事業活動報告を見る
  • 高砂JCへの入会について